<<トゥルースリーパー BLACK FRIDAY開催中!11/29(月)9:59まで>>

マットレスの選び方

2 min
マットレスの選び方│マットレス購入案内所

マットレスを購入しようと思いついた理由は、色々あると思いますが私自身の場合はこんなきっかけでした。

  • 今使っているマットレスが古くなった
  • 持病の腰痛が年々ひどくなってきた
  • ぐっすりと寝られないようになってきた

それ以前に使っていたマットレスは、通っていた整体院で購入した折りたたみのできる硬いウレタンマットレスで、数十年使っていました。

どこに敷いて、どんな風な悩みを解消したいかを持つとより、分かりやすくなると思います。

どこで(どんな風に)使うか?

まずどこで…と言うかどんな風に使うかをはっきりします。

  • ベッドの上に載せて使う(敷きっぱなし)
  • 敷布団に替えて使う(毎日上げ下ろし)
  • 現在のマットレスや敷布団の上に載せて使う

などが大きな使い方の分け方になると思います。

ベッドの上に載せて使う場合とマットレスや敷布団の上に載せて使う場合は、ベッドサイズの確認が必要になりますし、敷布団に替えて使う場合で毎日上げ下ろしする場合は、折りたたみタイプを選んだり、重量も見たいと思います。

どんな機能が欲しい?

気持ちよい睡眠の為にマットレスを購入するのか、体調に合わせて購入するのか、

  • 肩こりや腰痛
  • 寝心地をよくする為

肩こりや腰痛に悩まれてる方でしたら、対応されたマットレスがありますし、寝心地の良さをお求めなら公式サイトに細かく説明されているマットレスがあります。

公式サイトには、特徴が細かく書かれていますので、

素材から選ぶ

マットレスの種類で書きましたが、コイルタイプやコイルの無いウレタンやファイバーのマットレス、高反発や低反発などさまざまなものがあります。

  • コイルか、ウレタン、ファイバーのどれか?
  • 高反発か、低反発か?
  • 洗える、洗えない?

低反発ならウレタンマットがおすすめになりますし、洗えるマットならファイバーがおすすめになりますので、購入前にオンラインショップや公式サイトをご覧になってください。

設置方法

マットレスは家具や家電の様に使う場所に運び込む事を考えておかないといけません。

最近よく見かける圧縮された状態で送られるタイプでしたら、2階の寝室への運び込みも重い物を運べる方でしたら問題無いと思いますが、圧縮されていないままのマットレスは人手がないと運べません。

その点も良く考慮しての購入が大事です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です